和食・洋食にもオイスターソース

塩や醤油、コショウ以外で毎日使う調味料はオイスターソースです。中華の調味料というイメージだと思いますが、牡蛎エキスなのでうまみ成分として意外となんにでも使えます。中華以外で毎日の使い方はお味噌室にほんの少しだけ加えています。そうすると出汁のうまみが増し、その分味噌の量が抑えられるので減塩になり、食事制限をされている方にもおすすめできます。またさっと親子丼を作りたいときに出汁の代わりにオイスターソースのみであっという間に出来上がります。さらにカレーの隠し味に少し入れると味にコクが増して美味しいと家族にも好評です。洋食ではチキンライス、オムライスを作るときに、ケチャップと一緒に少し使うことで、ケチャップライスの味が濃厚になります。このように中華だけでなく、和食や洋食でも隠し味、もしくは出汁代わり、出汁の追加として簡単に使うことができるので、結果毎日出番があります。瓶入りの商品が多いですが、現在はプラ容器もしくはチューブ型などもあるので使いやすくなっています。うちでは出番が多いので液体で大容量のオイスターソースを使っていますが、顆粒のものも売っているので、料理に少し足す場合は顆粒だとさらに使いやすいかもしれません。